FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「砂利」について気付いたこと
- 2012/11/22(Thu) -
今回のレイアウトは、ソイルのほかに砂利も使いました。
ホームセンターに売っていました。
こんな感じです。
resize0100.jpg
ご覧の通り、コンクリートに混ぜるための石です。

その砂利には「サビ」と呼ばれる赤っぽい石もあります。
ちょっと赤が目立つので、少し入れ替えることにしました。
しかし、いざ取り出してみると、赤が強すぎます。
resize0073.jpg
ねっ?!
「サビ」はその名の通り、錆びに似た落ち着いた赤だったのですが……。
こんなに赤くはありませんでした。
上記の写真では赤みが増しています。

この石は酸化して赤くなっているのではないでしょうか?
「サビ」はその名の通り、錆びてしまっているのかもしれません。
原因はわかりません。
水中の鉄分と結合したのでしょうか?
元の川で吸収した鉄分が溶出してきたのでしょうか?
この石なんか黒なのに赤い粉をまいたようになっています。
resize0081.jpg
しかも、裏は黒のままです。
resize0082.jpg
ねっ?!
ブラシでこすっても落ちないので、紅藻ではありません。

皆様も砂利を導入する際にはお気を付けください。

そして、サビを抜いた所に、黒い砂利を選抜して導入しました。
   ↓
しかし、これもダメ!
今度は黒が目立ってしいました。
やり直し!
砂利の袋から青を選抜して敷き直します。

名づけて!アオレンジャー!

resize0080.jpg
やっと八海石の青とマッチしてきました。

また、盛り土の傾斜が急なので、底床が少しずつ崩れます。
その度に外に出て、素材を取ってくるのは面倒です。
と、いう訳で
resize0006.jpg
小袋に分けました。
左からアクアソイルNEWアマゾニアパウダータイプ・アクアグラベル・砂利青レンジャー・大磯八分です。

砂利導入の際にお役立てください。
 ↑
(そんな人はいない?)

追伸
立ち上げ1週間です。
pH=7.0
(GOODです。)

GH=4dH(TH=71.2ppm)
(1dH上がってしいました。)

そして、アンモニウムの試薬が切れてしまったので、亜硝酸を測ります。
亜硝酸<0.3mg/ℓ
(検出できません。やはり、リセット翌日から、水は立ち上がっていたのてす。)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミナミちゃん! お願いします! | メイン | 180S 立ち上げ3日目――ショートヘアーグラスとグロッソスティグマ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/94-87bac75f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。