FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
言葉を疑う①――活着とは?――
- 2011/12/31(Sat) -

1 定説

 アヌビス・モス・ボルビティスなどは石や流木に活着させる。


      「ミクロ・ソラム・ナローを“活着”させる」と言いますが……。(ADAギャラリーにて)

2 活着とは?

 よく石や流木に水草を結びつけて「活着させる」と言います。例えば「平凡な形の流木でさえ、ボルビティスを活着させれば自然感がグッと高まります。(AQUA JOURNAL Vol.189)」というように、よく書籍にも書かれています。しかしこの「活着」は植物学やガーデニングの世界では別の意味に遣われます。
 試しに、一般的な辞書で、「活着」の意味を調べてみました。

  【活着】挿し木・接ぎ木・移植などした植物が根付いて生長し始めること。(大辞林)

とあります。要するに、鉢でも庭でも根付けば活着なのです。例えば、「苗が活着するまで水を切らさない。」と一般的には言っています。
 さて、アクアリウムでいうところの「活着」とは、一般的には「着生」と言っています。「着生」を辞書で調べますと、

  【着生】他の物にくっついて生活すること。(大辞林)

もう少しわかりやすく「着生植物」を調べてみます。

  【着生植物】土壌に根を下ろさず、他の木の上、あるいは岩盤などに根を張って生活する        植物のこと。                         (ウィキペディア)

ということは石や流木に結びつける場合、一般的には「着生」なのです。例えば、「着生蘭(チャクセイラン)」といえば1つの趣味の分野として確立されています。


                                               ウィローモスは“着生”

3 ここで提案

 「活着」がアクアリストの間で広まり、今更「着生」に変えるのは大変だと思います。ただ「水草愛好家の間では、着生のことを活着というバカが多い。」と言う記述も見たことがあります。反論したいところですが、向こうの方が正しい……だとしたら、「着生」に変えた方が良いと思います。これは私の提案であり、皆さんに強制はできませんが、私は「活着」と「着生」を遣い分けていきたいと思います。


                                有茎草が“活着”で、ボルビティスは“着生”

スポンサーサイト
この記事のURL | 懐疑主義的技術集 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<言葉を疑う②――ロゼット型?―― | メイン | コケ取り生物を疑う――最強は誰だ?――>>
コメント
--
活着と着生!むむむ難しい~
流木の上に置いておくと勝手に付くから
カッチャクだと思ってました^^;
てなわけで、今年もいろいろありがとうございました。
良いお年をお迎えください!
2011/12/31 12:39  | URL | komaoji #Gc8Qh/W.[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは(^_^)
と言うことは、うちのもアヌビアスの着生になるんですね。
使い分けていきたいと思います😊
来年も新しい記事を楽しみにしています。
良いお年をお迎え下さい\(^o^)/
2011/12/31 13:53  | URL | 雪だるま #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
komaojiさんへ
ありがとうございます。

こんなことが気になるのは私だけだと思います(だから、物事が前に進まない)。
という訳で、komaojiさんの説「流木などに勝手に着く」場合は「勝着」として提案したいと思います。

また、komaoji師匠のお陰で、アクアライフが充実いたしました。
それどころか、昨年の正月からはブログも始めてしまいました。
こちらの方も、間もなく1周年を迎えようとしています。
来年もご指導をよろしくお願いいたします。
2011/12/31 16:08  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
ゆきだるまさんへ
ありがとうございます。

今やっとウッドデッキの塗装が終わりました。
年末に「カッチャクorチャクセイ」なんて考えてるブログですが、御用とお急ぎでなければ、
また来年も遊びに来てください。

なお、「勝手に着く」場合を「勝着」、「気合を入れて着ける」場合を「喝着」、
「割って着ける」場合を「割着」と呼ぶことにしたいと思います。
2011/12/31 16:18  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

同じように間違いがそのまま一般的に定着している例で反論したくなるのが...
飲食店等の会計で客が「お愛想して...」というのが嫌です。
本来は店側の隠語なのにその場で訂正してやりたくなりますw

アクアと関係のない話ですみません...
2012/01/03 20:14  | URL | コケ申(kokezaru) #6uwtYlZQ[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
コケ申さんへ
明けましておめでとうございます。

なんと「お愛想」は店側の隠語だったのですね。
フムフム、面白そうなので調べてみました。
「お勘定の話などをいたしまして、お愛想のないことで……。」というように遣っていたのですね。
「金払え。」と言えばいいのに、昔の文化はそれをよしとしない……。
粋なプライドと相手を慮る気持ちから、繰り返し遣われ、挨拶として形式化し、
そして「お愛想」だけが隠語として独立したのでしょう。
しかし、“その場で訂正してやりた”くても、ちょっと面倒なことになりそうですね。

最近はあまり聞かれなくなった
「千円からお預かりいたします。」はホントに直してやりたくなります。
2012/01/03 22:55  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
あけましておめでとうございます。

言葉遣いは難しいですね。
本能と感で生きているうちには無縁のような・・・(笑)

今年も色々とアドバイスをよろしくお願いいたします。
そして、アクアをメッチャ楽しみましょう♪
2012/01/05 18:37  | URL | santakurippu #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
santakurippuさんへ
明けましておめでとうございます。

言葉遣いまで発表せずにはいられない……趣味?……病気です。
あんな美しい水草を育てているsantakurippuさんにアドバイスなんてありませんよ。
また、アクアとともにブログの方も盛り上げちゃってください。
↑これってアドバイス?
いえいえ、お願いです。
ロターラのような美しい記事を、皆さんもきっと見たいと思います。
2012/01/06 00:44  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
明けましておめでとうございます(^^)

私はウィローモスを溶岩石に活ちゃ……着生させようと数ヶ月マキマキしてたんですが、何故かくっ付かなかったんですよね(苦笑)


私は今年、水草水槽をやってみようと思ってます、何かと御指南頂けたら幸いですよろしくお願いしますm(_ _)m

あ、HPで勉強させて貰ってます(^^)
2012/01/06 22:11  | URL | oga #t2vhxZxk[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
ogaさんへ
明けましておめでとうございます。
「HPで勉強」なんてありがとうございます。
HPを作った甲斐がありました。

さて、ウィローモスはどうしたのでしょうかね?
三角形が美しい南米産ウィローモスは、「着生する力が弱い。」とよく聞きますし、私もそう思いました。
あるいは茶色い根のようなものを出した時は、栄養過多だと言われています。
う~ん、ウィローモスは溶岩石の凸凹が好きなのに……。
ウチのつるつるした石に、入れたはずのないウィローモスが着生しているほどです。
私は「ウィローモスは絶滅するのが難しい」と感じるほど、強い植物だと思います。
だから「エビがはがす」や「市販の木綿糸が着生する前に溶けてしまった」など何か原因があると思います。
2012/01/07 02:00  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/55-18ab1c58
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。