FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
餌の量を疑う――数分とは?――
- 2011/12/16(Fri) -

1 定説

 えさは数分で食べ切れる程度を与える。


2 「数分」ってどれくらい?

 よく魚の餌には「数分で食べ切れる量を与えてください。」と書いてあります。果たして「数分」とはどれくらいの時間のことを言うのでしょうか?
 試しに、ネットで調べてみました。その結果、多くの人が5~6分と答えていました。ということは5~6分で食べきれる量が、餌としても適量なのでしょうか。

 しかし、5~6分で食べきれる量では、ウチの水槽を含めて、どんな水槽でもコケだらけになると思います。ウチの場合、天然の水質浄化装置である水草が全面に植えてあり、二酸化炭素ボコボコ、短い照明ギラギラ、魚は少なく、コケ取り生物は多く、肥料は少量、2台の濾過槽……といったウチの水槽でも駄目でした。結論として、5~6分で食べきれる量では多過ぎるのです。「1週間でうっすらとガラス面にコケがつかない程度」にはならないのです。要するに、「1週間でうっすらとコケがつかない程度」が、その水槽にとっての適量なのです。
 しかし、「水槽の適量」は、「魚の適量」ではないかも知れません。コケを避けて餌を減らしたら、大切な魚がやせ細ってしまうかもしれません。しかし、これは魚の収容数が多過ぎるのです。例えば、水槽をジャングルの中の小さな小さな水たまりだと仮定してみましょう。この水槽には、えさは豊富にあるのですが、魚がうじゃうじゃいます。新しい水は1週間に1度しか入ってきません。当然、水は富栄養化し、コケに覆い尽くされます。水の浄化のためには、コケさえも必要な環境です。この環境を、鑑賞に耐えうる快適な環境に戻すためには、魚の数を減らさなくてはいけません。
 ここでもう一度、栄養面だけを切り取っておさらいします。

魚の数が多いえさが多いフンが多い栄養が多いコケが多い


となります。

もうひとつ、


 フンの量肥料水草の吸収量コケ取り生物の摂取量

なら、コケは増えません。つまり、

 栄養消費


という状態にしておけばよいのです。少しでも栄養が余れば、コケの成長に使われます。このほかにも、「ソイルからの栄養分のしみ出し」など細かい要因は考えられますが、いずれにしても、

栄養消費


なら、コケは出ないのです。
 
 「コケに勝つ」とは、上記の等式が崩れないように、バランスを保ちながら水槽を維持することです。そして、このバランスを簡単に、しかも大きく崩せるのが「餌の量」です。例えば、「餌の係は子供で、しょっちゅ餌をやっている。」という環境では、コケコケになるでしょう。大人でも魚がかわいくて、つい多めにあげてしまうでしょう。私も自制心を抑えるのに必死です。そこで、自制心を保つために、プッシュ式の容器でえさを与えています。「1回につき1プッシュ」と決められるからです。このように決めてあげれば、子どもがえさの係でも大丈夫でしょう。



                            プッシュ式の容器

 この容器の場合、時間に直すと「
30秒で食べきれる程度」です。実験の結果、そうしないと「1週間でガラス面にうっすらとコケがつかない程度」にならないからです。ウチの水槽の場合、「2~3分で食べきれる程度」でもコケが出てしまいます。ウチの環境から推測すると、「2~3分」ではどの水槽もコケに勝てないのではないかと思います。
 果たして、
30秒では少ないと思いますか?でも、私がネット上で見た最少は「3日に1
回」でした。ただし、「同じ水槽は二つとない」のですから、他の環境では魚が死んでしまうかもしれません。「コケない量をやって、魚が死んでしまった。」と言われても、「魚の収容数が多かった。」と言わざるを得ません。言い換えれば、コケが出やすいように大量のえさを入れ、コケに悩む環境を、キーパー自身の手で作っているのです。

スポンサーサイト
この記事のURL | 懐疑主義的技術集 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<コケ取り生物を疑う――最強は誰だ?―― | メイン | 「濾過槽を疑う」を疑う――そんなに濾過槽のせい?――>>
コメント
--
初コメです^^
まずは訪問ありがとうございました♪

餌とコケ、やっぱりいっぱいあげるのは良くないんですね。
うちはグッピーを飼っているんですが、水槽のそばに寄ると餌をくれるものだと思って飛び出す勢いで集まってきます^^;
そんなことされちゃうとやっぱりお腹空いてるのかなと思って餌あげちゃうんです;;
おかげで水槽はコケコケです・・・。

初心者なので、古形大和さんの記事はとっても勉強になります^^
これから過去記事読ませていただきますね~♪
2011/12/18 20:24  | URL | さちちゃ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
さちちゃさんへ
ありがとうございます。
「とっても勉強になります。」なんて言われちゃうと、嬉しくなってしまいます。

グッピーはかわいいですよね。
つい、おなかいっぱいにしてあげたくなります。
しかし、「30秒で食べ切る程度」でも、ウチの魚は死にません。
逆に、「1分で食べ切る程度」ではコケに負けてしまいます。
「1週間でガラス面にうっすらとコケがつかない程度」の量はいかがでしょうか。
  ↑
ただし、増えるグッピーに対して、餌はほんの1つまみ……胡麻で言ったら10粒くらいとなってしまいます。
2011/12/18 21:23  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
以前魚の数が少なくてミナミが爆殖していた水槽では2、3ヶ月餌をやらなくても全然痩せなかった、というか太りまくっていたことがあります。ホント水槽次第ですね。
自分は時間はあまり気にしていません。
一つまみ二つまみで考えてます。
2011/12/18 21:57  | URL | こ〜のん #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
こ~のんさんへ
ありがとございます。
えっ?
3ヶ月も餌をやらない?
本物のネイチャーですね。
バランスト・アクアリウムか?
「魚が太った」ということはミナミを食べていたということですよね。
毎日の御飯がエビ尽くしなんて……うらやましい!
できれば、刺身にフライ、天ぷらに味噌汁……妄想が広がり過ぎました。

「水槽次第」っていい言葉ですね。
水草や濾過槽など、水槽の限界を超えると、コケに負けてしまいます。
どうしても、皆さん、水槽の限界を無視して、魚に合わせますよね。
2011/12/18 23:31  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんちわ。

興味深いっすね。
先日、新しく水槽始めた人が会社に入て
コケてしょうがないんだ!っ悩んでたんで
話を聞いたら、明らかに餌の過剰投与でした
下にたまるくらい。
私の経験から、1分くらいで食べきれる量で
いいとアドバイス+えさを食べきるのを
見とけといっておきました。
結局、時間というのは、まさに水槽次第、
魚次第で、与えた分が底に落ちない、
大体の魚に行き渡っているのか”見て”
判断することが大事かなって思っています。

ただ、コケがなくて、人口餌に飛びつく
サイアミやヤマトを見るとちょっと申し訳なく
思うこともしばしば・・・^^ゞ
2011/12/19 11:53  | URL | takaizami #sSHoJftA[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
takaizamiさんへ
ありがとうございます。

“餌が下にたまるくらい”ってスゴイですね。
コケの素を入れているのに、魚のかわいさに目がくらんでしまう……という気持ちはわかります。
おっしゃる通り、適量を”見て”判断できるのが理想ですよね。
ご指摘の通り、やはり時間ではなく、水槽次第……水槽の適量が、餌の適量だと思いす。

ウチはもう3年間も、ガラスと石のコケ掃除をしたことがありません。
このラクな世界に、なんとか困っている人を引き込みたいのですが……
(実は、コケ取り軍団もホントにホントに最強です)。
2011/12/20 00:59  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-古形大和さん-
こんばんわ~
僕もエサには気を使います。
現在、人工飼料(カーニバル普通サイズ)で龍魚を飼育してるんですけど
エサは1粒づつ食べたのを確認しながら食べるだけあげてます。
そして食べ残しは必ず撤去しますね~(ついでにフンも一緒に除去)
そのお陰でガラス面にはコケが生えないで維持してますよ!
水質管理はエサ管理からって気がします。
2011/12/23 19:57  | URL | Aqua−rium #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: 古形大和さん-
Aqua−riumさんへ
ありがとうございます。

なるほど!
“水質管理はエサ管理から!”っていい言葉ですね。
大型魚を飼っている方からすれば、当たり前の発想かもしれません。
アロワナとゆっくり対話すれば、適量はおのずと見えてきますよね。
しかし、小型魚や水草を始めたばかりの方は、そこら辺がはっきりとは見てとれません。
餌がコケの原因なのに、「水換え不要」や「魔法の○○」に引っかかってしまいます。

そして、水草の力を借りなくてもコケないのは、排泄物などを取る部分換水のお陰なのですね。

復唱します。
“水質管理はエサ管理から!”
2011/12/23 21:35  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
はじめまして~

1週間でガラス面にうっすらとコケがつかない程度

なんとも興味深い記事ですね~
エサは確かにコケの元になるのを実感します。
照明の点灯時間(10時間説)も納得です。
こちらのブログはリンク可能ですか?
よろしくお願いします!
2011/12/29 01:53  | URL | 60-30-36 #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
60-30-36さんへ
ありがとうございます。
是非、相互リンクにさせてください。

私は「1週間でガラス面にうっすらとコケがつかない程度」という言葉に向かって進み出したら、
何かとうまくいくようになりました。
そして「もしかしたら、誰かのお役に立てるかもしれない。」という妄想が膨らみ、
ホームページやブログを作ってみました。

アクアやブログを楽しく盛り上げていきましょう!
2011/12/29 23:28  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/53-4e38a0f9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。