FC2ブログ
カタログの歴史 その6
- 2014/04/28(Mon) -
現在、絶賛無料配布中の新しいカタログには一言も触れず……
ひたすら過去を振り返る……
後ろ向きで、ヘンな視点を大切にするBOUBIROKUです!

しかし、BOUBIROKUは、もともと 『忘備録』 ですので、古いことを書き留めておくブログでもあります。

ちなみに、最近は 「ブログの本文よりも、コメントの方がオモシロイ。」 というウワサが
ちらほらと聞こえてきます。

ま、そんなどーでもいいことは抜きにして、本日は2003を振り返ってみましょう!

2003もバインダー式です!

この年も、バインダー式で写真集のようです。









まず、180㎝は、









魚たちの楽園

『魚たちの楽園』です。
魚も草もアジアンテイストでまとめています。
タイガーロータスの赤い色が花のようです。
ラスボラ・カロクロマもカッコいい!







120㎝は……









山水を望む

『山水を望む』です。
青龍石に力があります。
ウルレイテトラが好きです!
雑魚っぽさの中に気品が感じられます。










そして、90㎝は……







陽葉華麗

『陽葉華麗』です。
ダッチスタイルの技法を意識しています。










そして、60㎝は……











青き石の丘

『青き石の丘』です。
60㎝なのに、広いです。
左右の映り込みも、水景を広く見せています。
逆の言い方をすれば、70㎝くらいのものを私たちは見ているのです。









キューブの水景も提案しています。










岸辺の老木

『岸辺の老木』です。
55㎝です。
3方向からの写真を掲載しています。






そして、本日のラストの写真は、天野さんのご自宅です。











天野さんち

4mの水槽はさすがの大迫力!
それだけでなく、お庭とも連続しているような感じさえします。
庭の木も、人間が植えたとは思えない自然な植栽です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<カタログの歴史 その7 | メイン | カタログの歴史 その5>>
コメント
--
発行が古いカタログなのに

見た目も古いカタログなのに

新鮮さを感じるのは何故でしょう。

A:あまりにもの静寂
D:誰もが息を忘れ
A:新しい感動が止まらない

2014/04/28 06:04  | URL | TAKO #-[ 編集] |  ▲ top

--
こうやって、まとめて見てると、やっぱりスゴイなーと感心してしまいます。

海外でアクアをやっているとADAのおかげで「日本人だからレイアウトがうまいんだろー」と言われたりして、うれしいやら困るやら・・。
2014/04/28 14:03  | URL | taketatu #-[ 編集] |  ▲ top

-TAKOさんへ-
ありがとうございます。
最近は、陸上風景をモチーフにした作品が多いと思います。
水草は、水の流れになびくなど、水の中で進化してきたのに……。
そろそろ、一周まわって 「古いスタイルがカッコいい。」 となるような気もします。
懐古主義に端を発し、原点回帰を目指し、振り出しに戻る……なんてことになりますでしょうか。
2014/04/28 23:36  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
自宅に4mの水槽って羨ましい。
あの庭も計算されて創られているのですね。

水槽も庭もその道をひたすら追求した方のみが
創り出せる世界ですよね。

庭師を半年で辞めた私にはとても…。

私も良く変わってると言われますw
何型?
AB型
あ~…。
みたいな感じですw
2014/04/28 23:38  | URL | 磯自慢焼津 #-[ 編集] |  ▲ top

--
アジアン・レイアウト良いですね(^-^)

熱帯魚で飼いたい魚は大体、バルブ類だったりするので。(実際飼うと性格きついから辛くなりそうだけど・・・)色が渋いじゃないですか~。

アジアンの雰囲気は薄暗いので好きです。後、シダが好きだからかな?
2014/04/29 13:28  | URL | Mint #aa0nrIO.[ 編集] |  ▲ top

-taketatuさんへ-
ありがとうございます。
なるほど!
ネイチャーアクアリウムは、ジャパンが発祥の地……。
「日本人だから、レイアウトがうまい。」と思われるかもしれませんね。
だったら、海外の方にネイチャーアクアリウムを教えてあげちゃいます?
実際には、カタログを無料で配布しても、
ネイチャーアクアリウムは難しくて、簡単に近づけるものではありません。
だから、海外の方の新しい発想で、インパクト勝負になってしまうのではないでしょうか。
石が宙に浮かんでいたり、陸上風景を水槽内に再現したりして、
やってはいけない方向に流れているのかもしれません。
タブーに挑戦するのが芸術であるとも言えますが、私は美しくないので嫌いです。

私が同じようなお立場なら、大ぼらを吹いてしまうかもしれません。
ADAの写真を見せて、
「日本人なら誰でもこのくらいのことはできる。
 日本人は石が宙に浮かんでいることを苦々しく思っている。」……なんてね。
(英語はしゃべれませんが……。)
2014/04/29 15:52  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-磯自慢焼津さんへ-
ありがとうございます。
4mの水槽どころか、自宅には4mの壁さえありません。

そして、焼津さんは庭師をやっておられたのですね!
激しく憧れてしまいます!!
そこにある苦労などは伺い知れませんが、庭造りは好きなんです。
しか~し!秋から育てている300鉢の苗が、全く植えていません!!
仕事とリシアに追われて、春が終わってしまう~!!!
2014/04/29 16:04  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-Mintさんへ-
ありがとうございます。
あれっ?Mintさんはアクアリウムにも詳しいのですね。
てっきり、ビオトープがご専門かと思っていました。
そしてまた、バルブ好きとは、渋い~!

私!
シダも
次第に好きになってきました!
2014/04/29 16:18  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-ご無沙汰でした^ ^-
シダも次第に… 爆笑!!!

さりげないダジャレ、大好きです!

カタログ、ほんと素晴らしいですね!わたし、今年のカタログ…いただいてきちゃいました(o^^o)
後でじっくり読みたいとおもいます♫
2014/05/03 21:46  | URL | ななこ #-[ 編集] |  ▲ top

-ななこさんへ-
ありがとうございます。
ななこさんも、だいぶADAの影響を受けてきましたよ。
その新しいカタログをじっくり読むと、もう後戻りできないような気もします。
大丈夫でしょうか?
私は助けることはできませんよ!
なんせ、自分がズッポリはまってますので……。

さて、石を組むと、どうしても人間が置いたようになってしまいます。
上記の石組は人間が置いた石には見えません。
まるで、
石に
意志があるかのようです。
2014/05/04 21:14  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/164-60611923
| メイン |