FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カタログの歴史 その5
- 2014/04/25(Fri) -
前回のカタログ 『2001』 までを、カタログの歴史上 【前期】 と分類させて頂きます。
(勝手に!)

そして、今回のカタログ 『2002』 から 『2005』 までを、カタログの歴史上 【中期】 とさせてい頂きます。
(勝手に!)

それは、装丁がガラッと変わるからです。

もうカタログじゃない……写真集です!


『2002』から、スプリング・バインダー式(?)の横長になりました。
こうなると、もうカタログではありません!
写真集です!!
しかも、タダ!!!

それでは、さっそくいってみましょう!!!!

まず最初の写真は……































ど~ん!

350㎝です。
バインダー式なので、ど~んと横に長くなります。
カージナルテトラも7㎜くらいの大きさに写るので、ハッキリ見えます。
大迫力です。




















そして……




















クリプト大群落

350㎝です。
この水槽は、ADA本社のエントランスを長い間 飾っていました(と思います)。





















更に……





















黄虎石!

240㎝です。
石を組むのは、難しいものです。
どうしても人間が置いたように、不自然に組んでしまいます。
どのようにしたらこんなふうに組めるのでしょうか。





















そして、この水景は影響を受けました。





















これは影響を受けました。

『クリプトの五線譜』です。
240㎝です。
初めて180を購入した時、クリプト水槽にしたいと思いました。
写真のツーテンプルを参考にさせて頂きました。
ツーテンプルは栄養吸収も盛んで、クリプトとよく合います。





















そして180㎝の提案は……




















高さ60㎝って難しい……。

『幻想世界』です。
ゴチャゴチャっとしていながら、自然感にあふれています。





















そしてそして120㎝の提案は……





















奥行きは作りだすもの……スゴイ!

『高原の爽気』です。
中央奥の底床を下げ、しかもヘアーグラスで低く保っています。
もはや奥行きとは作り出すもの……スゴイです。




















更に更に90㎝の提案は……





















草原だぁ~!

『広大なる草原』です。
この写真の隣に、桂林石を使ってたレイアウトがあります。
この2つの水景は、陸上部分を意識して表現しています。
現在のスタイル 「絵画的遠近法」 のハシリのような水景です。





















あれっ!
私が写真を選ぶと、石組ばかりになってしまいます。
それでは、流木もいってみましょう。





















珍しくオーバーハングを狙っています。

90㎝です。
珍しく、オーバーハングを狙っています。





















そして、60㎝の提案は……




















平行な線は厳禁です。

『巨岩涼風』 です。
なぜ石を立てたのでしょうか。
ありえない風景かもしれませんが、なぜか自然感に満ちています。























そして、お約束であった制作過程に、いってみたいと思います。
先ずは底床を準備して……

石と流木を組み合わせて……

更に植栽すると……

更に植栽すると……

こうなります。

完成図

総括すると、もうカタログという範疇を超えています。
写真集です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<カタログの歴史 その6 | メイン | カタログの歴史 その4>>
コメント
--
個人的にはこのバインダー式のカタログ好きです。
おっしゃるように、もはや写真集感覚で見れますよね^^
2014/04/25 08:42  | URL | zoe #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
カタログシリーズ勉強になります。
『クリプトの五線譜』良いですね。
私は何故か少し変わったレイアウトに惹かれます。

AB型の変わり者だからか?
2014/04/25 18:27  | URL | 磯自慢焼津 #-[ 編集] |  ▲ top

--
うぉーーーーーーーーーーーーーー

すごーーーーーーーーーーーーーーぃ

しかも
ただーーーーーーーーーーーーーーっ

B型の私は・・・、すべて神秘に見えます。

自然?

うーん、自然にはこんな場所もあるように
思えますが、全てこんな素敵な状態とは
思えません。

自然のいいとこどりです。

人の感性を鼓舞する神がかり的な風景
自然界にはたくさんありますが、自然全てでは
ない。

自然界においても特別な場所
そこに誘ってもらった。

A:ありえないくらいの情景
D:だれでも震撼する
A:天野ワールド



2014/04/25 20:59  | URL | TAKO #-[ 編集] |  ▲ top

-zoeさんへ-
ありがとうございます。
おっ!
12年前のカタログを持っていますね?!

この本は全144ページ中、実に66ページが水景写真です。
約46%が読者に対する啓蒙活動なのです。
ちなみに、商品説明は65ページしかありません!
カタログの本来の目的である商品説明の方が、1ページだけ少ないのです!!
こうなると、もうカタログの範疇に入るのでしょうか?
もはや、写真集です!!!
しかも、タダ!!!!
2014/04/25 21:47  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-磯自慢焼津さんへ-
「勉強になる。」 だなんて、嬉しいお言葉をありがとうございます。
現在は、陸上風景を表現する作品が多いので、
若い方たちに、古い写真をお見せできて嬉しいです。

また、『クリプトの五線譜』 はソソられるものがありますよね。
ツーテンプル有茎草でありながら、根生のテープ状水草に見えます。
しかし、初めて挑戦した高さ60㎝の水槽は、とても悩みました。
高さ60㎝に意味を持たせることができないのです。
私はテープ状の水草で、高さを埋めることしかできませんでした。

そして、なんと焼津さんはAB型なのですね?
実は私もAB型なのです!
そして、AB型は変わり者……。
私などは 「ヘンだ。」 と言われると、妙に嬉しくなってしまうのです。
2014/04/25 22:02  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-TAKOさんへ-
そんなに感動していただけるなんて、ありがとうございます。
わざわざ書いたかいがありました。
しかも、オジさんの自慢話にノッてきてもらえるなんて、嬉しいです!

確かに自然界の水草たちは、たいがい コケだらけです。
天野さんもご自身の発言から、
「自然をそのまま作っているわけではない。」 と、おっしゃっています。
コンテストにも「自然感の演出」という項目があるように、
鑑賞が目的ならば、演出が必要になってきます。

また、石を立てる庭園の技法には、ルーツがあります。
鳥居が発明されるまでは、「とがった石に神が宿る」と考えられていました。
古代の人たちも、自然を超える風景には、神秘的なものを感じていたようです。

D:だから
A:ありえないような風景に
D:誰もが自然を感じるのかもしれません。
2014/04/25 22:17  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
私結構、黒のバックスクリーン(?て云うの?)が好きなので・・特に前半に紹介されたの好きです。

最近の流行りは白系なのかしら?

ADAは常に新しいレイアウト素材を発売して、実際のレイアウト作品で提案して・・日本のアクアリウム・レイアウトのトレンド造りをしている感じですね。(今年の流行色みたいな)

その点カタログはADAのその時代の一押しが見れるので楽しいですね。

2014/04/26 19:59  | URL | Mint #aa0nrIO.[ 編集] |  ▲ top

-Mintさんへ-
ありがとうございます。
おっしゃる通り、バックスクリーンって言います。
やはり、黒のバックスクリーンは、キリッとした印象になりますよね。


なるほど!
ADAは、ユーザーを掘り起こし、育てていく……。
しかも、トレンドを作り出していく様子を、
『今年の流行色』 にたとえるとは、女性ならではの発想ですね。
カタログの役目は、商品を説明することなのに、
『お手本』の方が多くのページを割いています。
2014/04/26 21:35  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/26 22:11  | | #[ 編集] |  ▲ top

-鍵コメさんへ-
ありがとうございます。
ありゃ!
これは失礼いたしました。
……ということは私と同年代……。
私の心の中ではてっきり 「若いウェブ・デザイナーさん」 になっていました。
ブログのデザインのすばらしさ・コンピュータの技術・
毎日のように水槽に手を入れる情熱……
などのイメージからそう思ったのでしょう。
というわけで、同年代のお友達になってください!
2014/04/27 01:31  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/27 20:00  | | #[ 編集] |  ▲ top

-鍵コメさんへ-
ありがとうございます。
‥‥ということは、同い年ですね!?
そうそう、「カラーテレビのウルトラセブンは飛行機を吊る糸が見える。」
と幼稚園(?)で話題になっていました。
それからしばらくして、ウチにもカラーテレビが来たのを覚えています。

そして、やはりあの仕事は、プロのなせる技‥‥。
それでは、同級生ってことで、心友でいきましょう!
2014/04/27 22:29  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/163-a85e167c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。