FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カタログの歴史
- 2014/04/04(Fri) -
今年は久し振りにADAのカタログが配布されるようです。
ADAのカタログは、カタログの域を超えた、まるで写真集のような本です。
美しい写真を載せ、ノウハウを伝える……という手法で作られています。
本来のカタログの使命は、「商品を宣伝すること」 です。
しかし、ADAのカタログは、その美しさでユーザーを虜にするような本でした。
しかも無料!!!

今日はそのカタログをBOUBIROKUらしく、ヘンな視点から掘り下げてみます。
新しいものに背中を向けて生きているような私ですので、そのカタログの歴史について書いてみたいと思います。

それでは、お待たせいたしました。
私が持っている一番古いものからいってみましょう!!!






1995

アカメガエルが話題になりました。

表紙のアカメガエルが話題になりました。




そして、最初の写真です。

これがネイチャーアクアリウムです!






そして、こんな準備をすると……

この水景が……

こんな水景が完成します。

こうなります!






底床はまだ砂利!

まだ、ソイルは開発されていませんでした。








こんな商品もありました。

プッシュ式にガラスの拡散筒

プッシュ式の二酸化炭素レギュレータと、ガラス製の拡散ボトルです。






アクアチェア……何台売れたのだろう?

欲しいけれど……、28,000円!





信者ならぜひそろえたい一品です。

信者ならそろえたい一品です。





ロゴが赤い時代もありました。

ロゴが赤!

総括すると、従来のカタログの枠を超え、新しい形を作った本でした。





ちょっと長くなりましたね。
この1995より古いカタログをお持ちの方は、貴重な資料となりますので、
補足・追加してくれる記事があると、私も楽しみです。
これより新しいものは、もう記事も書いてあるので、次回に発表させてください。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<カタログの歴史 その2 | メイン | 産卵ネットの正しい(?)使い方>>
コメント
--
良い商品も多いと思うけど高いんですよね…。
スパナがADAの人っているのでしょうか。
2014/04/04 21:03  | URL | 磯自慢焼津 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ADAすごいですね〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
専用スパナ? あのイスはスピーカー付いてるんですか?
いやぁ 凄すぎ〜っ!おもしろ〜いっ!!
2014/04/04 21:35  | URL | ななこ #-[ 編集] |  ▲ top

--
なるほど、こんな時代もあったのですね。

また、5年、10年と月日が経つと

「なるほど、こんな時代もあったのですね。」とつぶやくアクアリストの卵達が・・・

by卵より
2014/04/04 22:56  | URL | TAKO #-[ 編集] |  ▲ top

-磯自慢焼津さんへ-
ありがとうございます。
しかし、私がこんなスパナを持っていたら、みんなに自慢しちゃいます。
焼津さんに対抗して、ハンドルネームを 『スパナ自慢大和』 に変えたいです!!!
2014/04/04 23:42  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-ななこさんへ-
ありがとうございます。
この椅子は、アクアチェアって言います。
おっしゃる通り、スピーカーがついています。
この椅子に座り、ADAが発売する 『水-自然への回帰』 を流すと、
魚になったような気分になれる……という代物です。
う~ん……ほしいなぁ。
でも、28,000円!
2014/04/05 08:42  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

-TAKOさんへ-
ありがとうございます。
TAKOさんの美しいレイアウトは、もう ”アクアリストの卵” ではありまんが、
若い方たちに古い物を伝えられてうれしいです。
これらの美しい写真が、私たちの教科書でした。
(次回の水景はもっとキレイです。)
これがネイチャーアクアリウムであり、私たちが目指したものでした。
しかし、ネイチャーアクアリウムは難しい……。
カタログを無料で配っても、簡単には近づけません。
外国の方にも組めるように、最近は絵画的遠近法を流行させているのだと思います。
だからオールドファンにとって、最近の絵画的遠近法は???といった感じです。
ネイチャーアクアリウムは、その難しい技術や精神性ゆえに、古典になりつつあります。
ガンバレ!ニッポン!!
2014/04/05 09:16  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
貴重な資料を見せていただき、ありがとうございました。
約20年前にあのカタログがあったのかと思うと、すでに完成されていたADAの信念にあらためて感心してしまいます。デッキチェア?はやはり自然をより楽しむためのものなのでしょうか、ちょっと復刻してほしい気もしますね。
変なコメント申し訳ありません。次の記事もとても楽しみです。カタログも捨てずに残していこうと思いました。
2014/04/05 22:47  | URL | くまたん #bWohHV5s[ 編集] |  ▲ top

-くまたんさんへ-
ありがとうございます。
えっ?!
約20年前?
ああっ!
もう約20年もたってしまったのですね!
自分でびっくりしています。

いずれにいたしましても、私のふざけた記事を
「貴重な資料」 だなんてありがとうございます。

あの椅子はアクアチェアって言います。
あの椅子に腰かけて、水槽を見ながら一杯……なんていいですね。

また、今度 配布されるカタログを手に取ってご覧ください。
恐らく、 「捨てよう」 という気持ちにはならないと思います。
ここ数年間、簡易な商品イメージだけのカタログは、無料配布しています。
しかし、ADAの考える理想のカタログは、
不況等で発行できなかったのだと思います。
なにしろあんなすごい本が、無料なのですから……。
2014/04/05 23:57  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはよーデル

この椅子、カタログの後ろのほうにありましたよね!
正直、ここまでやるのか!と思いました
過去のカタログ、いくつか手に入れましたが、おいらは、この表紙が一番好きです

今後の紹介を楽しみにしてます
どんな視点で紹介してくれるのか(^^)v
2014/04/09 07:18  | URL | keibocchi #-[ 編集] |  ▲ top

-keibocchiさんへ-
ありがとうございます。

おおっ!
このカタログをご存知ですね!!

そして、ヘンな視点をウリにしているBOUBIROKUですが、
ちょっと普通の視点になってしまいました。
美しい水景…、面白い商品……、そしてオジサンが昔を懐かしむ……。
普通の視点を反省し、ヘンな視点を究めます!
2014/04/09 22:48  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/159-f0f2dce6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。