FC2ブログ
インターネットとアクアリウム――「ネット時代のコペルニクス」を読んで
- 2013/02/22(Fri) -
ウチの子供の教科書に「ネット時代のコペルニクス」という論説文が載っていました。
最初は「欠点の多い文章だな。」と思っていたのですが、
アクアリウムと重ね合わせると、俄然、文章が輝いてきました。
全部は発表できませんが、概要だけ御紹介いたします。


ネット時代のコペルニクス――知識とは何か

① 文章作成にインターネットを参照する人が激増しているが、レポート作成や報道での誤報など、問題も起こっ
 ている。

② 手軽なインターネット検索を好ましく思わない人は、「レポート作成時のネット利用を禁止すべきだ。」と考
 えるかもしれない。

③ 他方、ネット検索と図書館の調べ物と、どこが違うのか。同じではないか。

④ しかし、知識の在り方としてみた場合、この二つの方法には、大きな違いがある。

⑤ まず、図書館の本の場合、責任の所在がはっきりしている。

⑥ これに対してインターネットでは、知識の作り手が匿名化されがちである。図書館の本が 「誰かの知識」で
 あるのに対し、ネットでは「みんなの知識」となりやすい。

⑦ 例えば、インターネット上の百科事典では、著名な大学者の説明文に、中学生が上書き出来る。

⑧ 今や知識は権威主義から解放され、誰もが自由に参加して書き換えていくことができる。しかし、知識の責任
 の所在が曖昧にもなる。

⑨ もう一つ、図書館の本とインターネットの間には、知識の体系性という観点からの違いもある。

⑩ 図書館の百科事典は、からまりあう概念の関係を構造的に把握できるように作られている。

⑪ ところが、インターネットでは、探している情報に、私たちを一気に連れていく。これは、森の中でどの木
 がりんごの木で、その実がどの枝についているのか知らなくても、一瞬でりんごの実が手に入る魔法のような
 ものである。実に便利だが、自分がどんな森を歩いているのかを、最後まで知らないままである。人々はネッ
 ト検索で瞬時にして次々に必要な情報を手に入れることで、緩やかに形成される体系としての知識を見失って
 いるのかもしれない。

⑫ こう考えてくると、インターネットには限界があるように思えてくる。それでは私たちは、インターネットを
 やめて、本と図書館の世界に戻ればいいのだろうか。

⑬ それは違う。現代は、万人が発信者となれる可能性が、大きく広がっている時代である。ネット情報を拒否
 するだけでは何も始まらない。

⑭ しかし、情報の発信者と、知識の作り手は同じではない。

⑮ コペルニクスは、活版印刷術の発明によって、多数の印刷本を手に入れた。それまでの天文学者よりもずっ
 と多くの観測記録を集め、新しい理解の枠組みを提案した。

⑯ 私たちは今、コペルニクスと似たような時代を生きている。かつては印刷本、今日ではインターネットで情
 報量が激増している。

⑰ だが、そのような時代だからこそ、情報をばらばらに消費するのではなく、それらを相互に結び付け、体系
 的な理解をしていくことが大切なのである。単に必要な情報を即座に取り出すだけでなく、過去の知識と対
 話し、新たな理解の枠組み作りをしていくことが、私たちの課題である。


さて、こんな私でも、「コケに悩む方を、何とかしてあげたい。」と思う時があります。
早くこっちの世界に来てくれれば、楽しく同じ趣味を語り合えるのに……、とよく思います。
しかし、いざ言葉にしてみると、これがなかなか伝わらない。

伝わらない理由があります。
コケに悩む方にとっては、「コケをやっつける方法」が知りたいのです。
「魚を減らす」なんてとんでもない、「コケをやっつける方法」が知りたいたいのです。
しかし、もっと体系的に問題をとらえ、コケを出さない方法を考えるべきなのです。
例えば、水量・ろ過能力・水草の種類と量・魚の量(餌・糞)・二酸化炭素・照明・肥料・
コケ取り生物の量と種類・灌水の頻度など……
(体系的な知識……になりましたか?)でコケの量が決まります。

くれぐれも、「水換え不要」の文字に踊らされて、間違った「りんごの実」を手にしないように……。


 にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 生活とアクアリウム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<ソーラーⅠ交換球 | メイン | 水草4種>>
コメント
--
こんばんは。

実に面白い内容ですね♪
うちの場合、ネットからの情報はあくまで情報であって。。。
そこから正しく必要な部分を吟味して。。。
なんて言いながら・・・ついつい流されて鵜呑みにして(笑)

つい最近まで、その「林檎の実」拾ってた気が!
おかげで今では林檎嫌いに・・・フッフッフ♪


2013/02/23 00:04  | URL | santakurippu #-[ 編集] |  ▲ top

-santakurippuさんへ-
ありがとうございます。
ウチの母親もりんごが苦手で、その理由は“かじった時の音”だそうです。
曇りガラスを爪でこすったような、嫌な音に似ているそうです。
ま、ウチのオカン情報はどうでもいいとして、なんでしたっけ?
ああ、ネットの話でしたね。
でもsantakurippuさんは「間違ったりんご」を手にしていないと思います。
あの砂で育てる美しい赤は、体系的な知識の枠組みを理解されている賜物だと思います。
2013/02/23 00:28  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~
三太さんと同じく実に興味深い内容でした。
インターネットと本から得る知識の違いですが、インターネットは探している情報に私達をすぐに連れていく…。と書いてますが、僕はそうは思いません。
逆に結論という観点だけで言えば、本の方が早く導いてくれるように思えるからです。
本の中では著者の観点からでの答えであり、討論の余地はありません。
しかし、インターネットでは色んな人の体験談があり、それは必ずしも同じく共通点からなる結果でなければ解決策も人それぞれ違うものであり、理屈では証明出来ないことが必ずあるからです。
数学の上で方程式が成り立っても、世の中の物事には決まった方程式はない。
著者の有無など、その方程式が物事に当てはまらない時の責任転嫁に使うためのような言葉にさえ聞こえます。
林檎を掴む過程は色々あります。
その人それぞれの過程がインターネットです。
色んな説があり不透明かもしれませんが、それを参考に新たな情報を作るのが自分かもしれませんし、更にそれを参考に成功する人もいるはずです。
それこそが林檎を求めて森に入るという本当の意味ではないでしょうか?
本も著者によって書かれることは違うでしょうし、本を否定しているのではなく、物事を追求しようと思えば必ず壁にぶつかるものです。
例えば大和さんが仰る通りに、苔を減らすためには生体を減らせばいいという話ではなく、魚も飼いつつ水草も綺麗に育てたいから問題だと捉える訳です。
それは欲張りでエゴなのかも知れませんが、それを可能に出来ればそれは凄いことなんです。
失敗を怖れる者ほど否定したがるでしょうが、僕はそういった探究心が好きです♪

2013/02/24 22:01  | URL | セージ #-[ 編集] |  ▲ top

-セージさんへ-
ありがとうございます。
セージさんは、ネット上の様々な情報を参考にし、探究してゆく、
どちらかというとインターネット擁護派ですね。
勿論、セージさんくらいになると、体系的な知識が構築されているため、
ネットを使いこなすことは、容易だと思います。
森のおよその形や、森の歩き方を、もうご存知なのです。
「討論」・「過程」を大事になさっている点で、もう「りんごの実」に飛びついていません。
特に、アクア神拳の奥義では
「コケを出さずに、多くの魚が飼える。」という話を聞いたことがあります。
(ウソです。今、作りました。)

さて、ちょっとここに本が二冊あるので、ひもといてみましょう。
『水草カタログ』は「容器と設置場所」に始まり「レイアウトの基本」で終わっています。
『ザ水草』は「水草とは?」で始まり
「タイマーを利用した二酸化炭素供給システム」で終わっています。
このような情報が、筆者の言いたかった“体系的な知識”だと思います。

一方、初心者の方のブログで「りんごの実」に飛んで行ってしまう例を探してみると……、
あった!
「オークションで、色の違う2台のメタハラを買ってしまった。」
という方がいらっしゃいました。
「ググってみると、ありがたい。グリーン球だということが分かった。」そうです。
体系的な知識がないので、
コンピュータのどのボタンを押せばいいのかが、まだ理解されていません。

恐らく、筆者が言いたかったのは、こんな所ではないかと思います。
私が段落の要点をまとめたので、筆者の真意が伝わりづらかったとも思います。
ともあれ、高尚な雰囲気の漂うブログになってきました!
激論が盛り上がると嬉しいです。
文学とアクアリウムの融合を目指します。
2013/02/25 00:37  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
おはようございます~
すいません、自分のブログじゃバカなことばっかり言ってますがこういう会話も好きなんです(笑)
よくよく考えたら、主観(自分)という域を出ない意見でしたね(汗)
一般的と言うか初心者の域で考えると、それまで歩んだ道が短ければ短いほど、最初に調べた情報が疑うことなきものになりうるんですよね…。
疑いや懸念と言ったものは、その人の経験から来るものですし、その基盤がない者には、はじめてみる情報に引っ掛かなど生れませんから…。
むしろ引っ掛かっていることすら分からないはず…。

とは言え、誤った情報でもそれで失敗する事で過ちに気付き疑いが生まれる。
それを糧に成長出来るものだと思いますが、失敗を怖れて前に進むことを止める者もいれば、投げ出す者もいる…。
無謀な事でも知らずにやるのと、分かった上で新しい答えを見つけようとする事は同じではないと思い、アクアで僕は結構無茶してます(笑)
弱者と強者のバランスのとれた水槽世界を作りたいですね~



2013/02/25 06:51  | URL | セージ #-[ 編集] |  ▲ top

-セージさんへ-
再びありがとうございます。

私もセージさんのような論客においでいただけると
萌えます。
もとい!
燃えます!!

さて、コケに勝てるようになれば、私たちの趣味は、楽しいものになります。
初心者の方が最初につまづくのは、餌の量でしょうか?
その次が、二酸化炭素あたりでしょうか?
次々と訪れる難問を乗り越えるためにも、
“体系的な知識”を持ったショップを盛り上げていきたいものです。

また、私のレイアウトは、コケに負けそうです。
水草が少なく、魚も多いので、コケも予想していましたが、無茶をしています。
私も失敗を恐れず、前に進みたいと思います。
2013/02/28 20:52  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
はじめまして。

いやーアクアリウムブログは綺麗な写真をのせるばかりじゃないですねw大学の頃、教授がネット引用禁止令を出していたのを思い出します。

最後のコケの部分については自分も当てはまってドキッとしましたw根本的な知識がしっかりしていれば、ありえない果実に手を付けることもないんですけど、ついためしたくなっちゃいますね。
2013/03/20 01:06  | URL | かじやま #0bktOyqs[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
ありがとうございます。

今回は、教科書の挿絵などを写真に載せる予定でしたが、
二の足を踏んでしまいました。
ま、どっちにしろ、あまりきれいな写真もなく、
ヘンな視点の写真しかありませんが(笑)。

なるほど!
大学ではネット引用禁止令が出ていたのですね。
知識を構築する現場では、ネット問題は切実な問題となっているようですね。

また、ホームセンターでは、「水替え不要」の文字が氾濫しています。
これこそ『ありえない果実』ですね。
手に取って眺めているお客さんに、教えてあげたくなります。
しかし『ありえない果実』と判断できるのは、
体系的な知識が構築されているからです。

あっ!
また、話が堅苦しくなってしまいました。
これに懲りずに、またいらしてください。
いつもはふざけています。
2013/03/20 21:18  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
図書館の百科事典は、からまりあう概念の関係を構造的に把握できるように作られている

↑↑要約して欲しいです。m(__)m
2013/08/05 09:07  | URL | てけてけ #POQ5NLzM[ 編集] |  ▲ top

-てけてけさんへ-
かなり前の記事までコメント頂き、ありがとうございます。
私が、段落ごとの要点をまとめてしまったため、
カットされてしまった点が、わかりづらいと思います。

筆者がこの段落で例示していたのは、
「家族」という概念は、「夫婦」「親子」などとはもちろん、
「民族」「共同体」などとも、
「マイホーム」「ホームドラマ」などとも結びついている。
百科事典は、枝葉のように結びつく概念の関係を、わかりやすく説明している。
という内容が、カットされています。

てけてけさんは、私の "ヘンな" 記事を、細かい点まで読み込まれて、
しかもコメントまで頂けるなんて、感激いたしております。
これからも、"ヘンな視点" を追及いたします。
2013/08/05 19:06  | URL | 古形大和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://furukatayamato.blog98.fc2.com/tb.php/122-42e0b259
| メイン |