スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カタログの歴史 その10
- 2014/05/23(Fri) -
アクア修行の旅で、山にこもっておりました。
更新が遅れましたが、いかがお過ごしでしょうか。

カタログの歴史も、だいぶ現代史に近づいてきました。
今回は2007を持っていなかったので、2008をお送りいたします。


2008.jpg





先ずはラミーノーズテトラの生息地の写真です。

ラミーノーズテトラが肩まで赤い!

ラミーノーズテトラが肩まで赤い!
よく見ると側線も赤いのです!!

そして、今回のカタログは英語での説明も併記されています。






そして、この流木が……

このように組むと……

こうなります。

こうなります。

120×45×60㎝です。
後景の赤い草は少ししか見えません。
水面や右下にもチラッと赤が見えます。
ちょっとだけしか見えないと、妙に見たい気持ちに駆られます。
赤い花のようなチラリズム……。
私、こういうのに弱いんです。
例えば……
あっ!
いやっ!
やめておきます。
とにかくチラリズムには弱いのです!







そして、この流木を組んで……

流木を組んで……

更に植栽をすると……

こんなんできました!

あれっ?
これも赤が隠されている!
赤は隠すのでしょうか?
とにかく、赤は花のように上にちょこんと乗っている場合が多いですね。









そして、後半は石組です。

親石→副石→添石……

1の親石を真ん中やや左に置き、やや小さい2の副石を反対に傾け置きます。
3・4・5の添石をジグザグに置き、6(白抜き)の捨石で連続性を出します。
盛り土、石の間などにソイルを入れます。

更に捨石と植栽……

最前列にはキューバパールグラスを、その後ろにグロッソスティグマを、石の際にはリシアを配置しています。
石の間にはブリクサショートリーフとエキノドルステネルスを配置しています。
後景にはエレオカリスビビパラを植えています。

そして完成図は……

万天石は万場の天竜石なんでしょ?!

万天石は「万場の天竜石」ですよね?
万場は秘境グンマーにあります。







伏石の石組は……

石を伏せて配置しています。

植栽すると……

草原のレイアウト!

草原のレイアウトになりました!







逆にこちらの石は立てて使っているため、緊張感があります。

こちらの角度は緊張感があります。

植栽すると……

そして植栽!

リシアの小石で石の周りを囲み、その前方にはグロッソスティグマ、
石の際には駅のドル捨て値留守とヘアーグラスを植栽しています。
             ↑
(これ、変換間違いですが、面白いので残しちゃいました。)

そして完成品がコチラ……

120✖45✖60

わずか三石で組んであります。
やはり石組は奇数なのでしょうか?









そして、この水景色は表から見ても、裏から見ても鑑賞できるように計算されたものです。

。

そして完成品は……

そして上の石組です。

こうなります。
350×75×75㎝です。

総括します。
ADAのカタログは、販売促進だけを目指しているものではありませんでした。
ユーザーを育てないと、購入はしないでしょう。
だから How to のページを充実させています。
もう、ホント教科書ですね。
しかも、写真集みたいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。