スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
リシアの自然界における形態に関する考察
- 2013/08/30(Fri) -
1 観察

下の写真をご覧ください。
これってリシア?
先日、職場の隣の田んぼをのぞいていました。
しかも、この草体は、以前にも見たことがあります。
新潟の田んぼで見ました。
その時、リシアに似ていると思いました。
果たして、これはリシアでしょうか?

更に、下の写真のようなような草体もありました。
鹿の角のように分岐し始めている?
リシアは和名を 「鹿角苔」 と言います。
上の写真は、鹿の角のように、分岐を始めたようにも見えます。

更に、下のような草体もありました。
こいつが分岐している?
ゼニゴケのようにも見えますが、もっと粒々した感じで、
これも分岐をするようなイメージを持ちました。
上の3つの草体は、近くに生えており、同じ植物に見えます。

翌日、もっと目を凝らして観察しました。
三つの形態
あれっ?!
リシアの水中葉もある!
真ん中やや右です。
右下の草体は、ゼニゴケに似ています。
その他の草体は、その途中のようにも見えます。
これらの草体が、同じ草体であるとか、
同じ種類であることが証明できればよいのですが……。

もっと探すことにします。
水中葉
ああっ!
ありました!!
アクアリウムでよく見かける、リシアの水中葉を見つけました!!!

そして、もう少し引いて撮った写真です。
上の写真の水中葉の草体は、左端に写っています。
水中葉から半水中葉へ
写真の右側はあぜ道です。
右の方が高く、左の方が低くなっています。

また、もう少し引いてみます。
右の方が高くなっています。
この写真も、左端に水中葉を写してあります。



2 考察

写真の右側は、あぜ道の頂上とでも言いましょうか、一番高い部分です。
そして、この高い部分には、ゼニゴケとそっくりな草体になっています。
逆に、左側は、田んぼの低いところです。
そして、左側には水中葉が見られます。
更に、写真中央部はあぜ道の法面 (斜面) です。
ここには、粒々の分岐を始めたような草体が多くみられます。
私には、リシアが水位に合わせて、その形態を少しずつ変化させているように見えます。

以下の考察は、これらの違う形態を持つ植物が、
同じリシアであると仮定した場合について理論を進めていきます。

おそらく、ゼニゴケのようなリシアの水上葉は、
あぜ道などの比較的高い場所で生育・繁殖します。
ゼニゴケのように胞子で繁殖するするためには、都合の良い場所です。
田んぼの中では比較的乾燥していますが、
それでも地面はいつも湿っているような場所です。
逆に田んぼの低いところでは、水の影響を受け、
胞子は作りづらく、流されてしまうでしょう。

また、いつでも水に触れているような場所では、
リシアは水中葉に姿を変え、状況に適応しようとします。
そして、この水中葉では、胞子を作ることはあきらめます。
しかし、繁殖そのものを、あきらめているわけではありません。
柔らかい水中葉は、浮いたり千切れたりしながら、
クローンを分散させ、繁殖に役立てます。

さて、私の考察には、証拠がなく、
「いかにもリシアが水位に合わせて変化しているように見える」 というだけのものです。

と、いうわけで、これらの草体の水中化実験を行います。
と言うわけで実験!

実験結果に、乞う!ご期待!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | フィールドワーク | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。