スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コケ取り最強戦士生物兵器
- 2012/11/30(Fri) -
換水を2週間しなかったので、うっすらと茶色いコケが出てきました。



































resize0103.jpg













以前のレイアウトで働いてくれたエビちゃんたちでは、数が足りないかもしれません。
今回は水草の植栽量が少ないので、コケ取り最強戦士を増員しました。

resize0136.jpg

フネアマガイ君です。
よく見ると、手前の3匹の背中には、小さな貝が乗っています。
ラッキー!
この貝は、吸着力がとても強く、なかなかガラス面からひきはがすことができません。
貝を回すとはがしやすくなりますが、とにかく、貝に大変なストレスを与えることになります。
はがしやすいように、ビニル袋の上から撮影しました。

ウチの水槽は石が多いので、オトシン君のソフトなイメージより、
フネアマガイのハードなイメージの方が、しっくりくるかもしれません。

そして、その働きっぷりは最強です。
私はフネアマガイ導入以来、コケを取ったことがありません。
また、底床とガラス面の境目が好きで、ここの掃除もしてくれます。
resize0243.jpg
ここを擦ると、巻き上げた底床でガラス面を傷つけてしまいますが、フネアマガイが掃除してくれます。















デメリットは、オトシン君が餓死します。
また、かえらない卵を産みます。
resize0337.jpg
あまり長い間、放置しておくと、リング状の跡が取れにくくなります。
また、私の水槽では活躍してくれましたが、お友達の水槽ではあまり動きがよくありませんでした。
原因はよくわかりませんが、酸性の水が不得意なのかもしれません。
「南西諸島の汽水域に住む。」という記述を読んだことがあります。
(アルカリ性の水が好きなのかもしれません。)
脱走はウチのフタなし水槽では、1年に1匹の割合です。

フネアマ、カイますか?


P.S.
pH=およそ5.5(酸性に傾いてきましたが、今度はちょっと低すぎる?)
GH=およそ3.5
亜硝酸=検出できない
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。