スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
パルバ追加!5年目を目指します!!
- 2011/06/30(Thu) -
コンテストのための写真撮影の後も、3週間もの間、何もしませんでした。
しかし、コケも白化もありません。
フンが植物の栄養となり、バランスがとれちゃっているのでしょうね。
トリミングもやる気が起きなかったので、ツーテンプルは水上用を展開しています。



しかし、オーバーハングした水草が、かえって迫力を増してきました。
そのため 「よし!5年目を目指そう!!」 という気になってきました。
(現在は3年を経過して、この水槽は4才です。)
また、現在はエスペイの単泳です。
さすがに少し、変化が欲しくなってきたので、
「カロクロマみたいな魚を入ようかな。」 と考えています。

そして、出張先でパルバを見つけたので、店長さんに声をかけてみました。
「あのー、10鉢くらいあるパルバを全部ください。」
「えっ、出せるのあるかなぁ。あっ、ここに2鉢、ありますね。」
「いえ、全部下さい。いじけちゃっているのも引き取ります。」
「そうですか。じゃ、差し上げますよ。この2鉢で1,480円です。後の5鉢は差し上げます。」
ってな具合で、7鉢を1,480円で頂いてきました。



店長さん、ありがとうございます。



この2鉢が健康な株です。
市販されているパルバには3つの系統があると思います。
この株は葉柄の長いタイプだと思います。
パルバについて語ると長くなってしまうので、詳しくは私のホームページもご覧ください。
そしてこの5鉢はいじけてしまってます。



真ん中の株は完全に横を向いてしまっています。
でもタダなので気にしません。
また、株分けしてしまうので、いじけていても気になりません。
株分けするのは、パルバが全く増えないからです。
そして、隙間を埋めるように株分けしたパルバを植栽します。
だから、いじけていても小分けしてしまうので、関係ないのです。

加えて、ポット入り水草を導入する際には、農薬に注意すべきです。
私は、エビを大量に殺してしまったことがありました。
農薬は主にロックウールに残留しています。
先ず、枯れ葉などを取り除きます。



次に手でロックウールを取り除きます。



上記の理由から、株が分かれてしまっても、気にしません。



そしてピンセットでさらに細かく取り除きます。
このとき、「 なるべく 」ではなく、目視できないように取り除きます。



水で細かいロックウールを取り除きます。

農薬の是非についても述べたいことがあるのですが、これも長くなので、私のホームページをご覧いただければ幸いです.

さて、肝心のレイアウトですが、パルバを追加して、中央の凹型部分がしまって見えました。
コンテスト前にやっておくべきでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。