スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
マジックリーフの実験最終結果
- 2011/01/30(Sun) -
マジックリーフの最終結果と、換水時の小さな記事を御報告致します。



さて、件のマジックリーフですが、少し動きがありました。

水槽水はpH=8

GH=7

と全く変わり映えがしません。

しかし、壁掛け式濾過から出てきた水だけを計測すると、

pH=7.5

GH=4

となりました。

pHを少し下げ、GHに至っては、かなり変化がありました。

しかし、180cm水槽の全体には、影響を与えることはできませんでした。

この結果から、「マジックリーフはpHを少し下げ、硬度を下げる」と結論づけます.

ただし、条件として、①小型水槽なら水槽全体に効果が行き渡るかもしれない。

             ②かなり腐敗が進んだ状態でないと効果は出ない。
                               (今回は3週間でした。)

の2点を付け加えたいと思います。

なお、マジックリーフから温泉のにおい(硫化水素?)がしてきたので、泣く泣く実験を終了します。

クリプト水槽なので、水質の急変にビビっています。


加えて、換水時の小さな記事をご報告致します。

私のホームページで「ツーテンプルは分岐点でカットするとよい。」と書きました。

しかし、どうも脇芽が少し成長すると、親株から離れる傾向が強いと思います。



写真は3本です。

こいつを旅立たせて、繁殖するのでしょうか。

まぁ、1本が2本になったので、気にせず植えてしまいますが……。

あるいは、1週間もツーテンプルを水面に浮かべておくと、



脇芽と根をどんどん伸ばします。

このまま植えても簡単に根付きます。

この様に簡単に増やすこともできます。


また、cry.バランサエを抜きました。



バランサエはどこでもランナーを伸ばし、すぐに1メートル級の葉を出してしまいます。

今回は、この抜いた若芽を植える事件をしてみます。



計量カップにアクアソイルマレーヤパウダータイプを2掴み……

発根したら水槽に戻してみましょう。


また、入れてないはずの植物を発見しました。



ウィローモスです。

好きな植物ですが、根絶することは難しいと思います。

今回は泣く泣く廃棄です。

という訳で、毎週、このくらい古葉をカットします。



最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事のURL | アクアリウム | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。