スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
発見!ヘアーグラス!!
- 2014/06/21(Sat) -
私、水草修行の旅に行ってきました!
今回は宿泊もして、山ごもりに励みました!!

それでは、プチ水草探しの旅をご一緒にどうぞ!!!

先ずは、自然史博物館です。

ウミユリ

以前、リシア石にこんな化石がありました。

ウミユリ?

ウミユリというよりは、ケヤリムシでしょうか。












そして、宿泊先に水槽がありました。

宿泊先の水槽
180のオーバーフローです。
いつ見ても、コケはありません。
レイアウトという意識はないと思いますが、水はきれいです。












それでは、外に出てみましょう!

ヤマエンゴサク

ちょっと、陸上の植物からご紹介します。
エンゴサクです。
“トリカブト” の仲間かと思いました。
ケシ目ケマンソウ科でした。












そして、アカネスミレです。

アカネスミレ

いかにも知ったかぶりをして書いていますが、
宿泊先の壁に写真と花の名前が貼ってあったので、わかりました。










そして、いよいよ水辺に向かいます。

クロモ?コカナダモ?

クロモでしょうか?
コカナダモでしょうか?












そして、これもはっきりしないのですが、

セキショウモ?

セキショウモでしょうか?











ラストはこれ……

resize0128.jpg

ヘアーグラスです。
写真のように大量に岸に打ち上げられていました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | フィールドワーク | CM(16) | TB(0) | ▲ top
小冊子の歴史
- 2014/06/15(Sun) -
『カタログの歴史』 シリーズは、古いレイアウトをお楽しみ頂けたでしょうか。
本棚をガサゴソしている折に、ちょっとおもしろい本を見つけました。
100円でネイチャーアクアリウムの普及を狙った、小冊子です。
いずれも100円で、ノウハウが詰まっています。
先ずは、前回のパート2である『ネイチャーアクアリウム入門 テキスト.2』 です。
サブタイトルに 「ネイチャーアクアリウムを作ろう!Part.2〈流木編〉」 とあります。

ネイチャーアクアリウム入門テキスト.2

そして、この水景の作り方を15ページにわたって解説しています。

楽園に群れる

60㎝です。
いつ発売されたのかははっきりしていません。
まだ底床は大磯砂の時代です。
また、「 次回は1996年5月配布予定です。」 と書いてあるので、それ以前のものです。
(この本も20才以上なのかぁ……。)











そして、1996年7月31日発行の
『ネイチャーアクアリウム・ハンドブック.1 水の調べ方 』 です。

水の調べ方

この本はパックチェッカーの使い方を中心に、pHなどを解説しています。
お手本写真は

アルタムエンゼル!イイ!!

120㎝です。











そして、1997年6月30日発行の『 ネイチャーアクアリウム・ハンドブック.2 CO添加マニュアル』 です。

100円です!

お手本写真は

これも100円!

60㎝です。
私も当時は、「 二酸化炭素なんて魚に悪いものを入れて大丈夫かなぁ~。」 と思っていました。

やはり、モサモサ水槽ややコンテストを目指していて、しかも100円でテキストが手に入るのなら、
誰でも買うと思います。











そして、植物好きの皆様に、ちょっとオススメのカタログがあります。
種苗会社のカタログです。 

タキイ種苗のカタログです

写真はタキイ種苗のカタログです。
他社のカタログもあります。
季刊誌で100円の場合が多いです。
しかし、一回 植物などを購入すると、ずーっとこのカタログは送られてきます。
そして、オススメの理由は

コマクサ・あかね

こんな感じで、植物図鑑として役に立ちます。
「ええ~っと、駒草はケシ科なのかぁ~。」 なんて、知識が増えていきます。
もちろん、勉強が目的ではなく、楽しんでもOKです。

オレンジワタスゲ

「あっ!
これ、欲しいなぁ~!!」 なんてね。
また、

ブルーガーデン

青い花を集めたページや、バラなどの種ごとに分類されたコーナーもあります。
水草は……

水草!

今回はジュンサイだけでした。
野菜のコーナーに載っていました。
いつもはスイレンや抽水植物を中心に、いくつかの種類が紹介・販売されています。

ま、私はガーデニングも趣味としていますが、植物好きの皆様なら、オススメです。
なんせ、100円!
しかも一回 通販で買い物をすると、ずーっと 送られてきます。
キャベツなんて8ページも種類があって、これはこれで、意外と奥が深いものです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
この記事のURL | アクアリウム | CM(6) | TB(0) | ▲ top
カタログの歴史 番外編
- 2014/06/08(Sun) -
『カタログの歴史』 もこの 『番外編』 で最終回となりました。
ADAの考える 「ユーザーを育てるために、How toを充実させ、お手本の写真を示す製品カタログ」 は、
2011年と2012年と2013年は発行されませんでした。
代わりに製品のイメージをメインにした、薄いカタログを発行・無料配布しました。
私は薄いカタログを3冊 持っていますので、間違いないと思います。
また、この3冊は発行年月日の記載がないので、いつ発行されたのかがわかりません。
3冊同時に一気にご紹介します。
先ずは、銀色の表紙から!



銀



写真のカージナルテトラが、実物大です!

カージナルテトラが実物大!

比較のために、左上にマウスを撮影しました。
ド迫力です!!









続いて、黒い表紙は20周年記念のカタログです。

黒




見開き3ページにわたっての4m水槽!

4m水槽

これも左上にマウスを映しこんでいます。


更に……

製品の説明はありません

以上の2冊は、製品の説明はありませんでした。
イメージ写真が中心です。









最後に、白い表紙のヤツは……

白

こんな感じで……

120cm.jpg

お手本の写真や、製品の説明もありました。











そして、2014年は分厚いタイプのカタログが復活しました。

2014.jpg

ま、中身は皆さん ご存知ですよね。











また、今回の企画で、ADAの古い冊子も見つけました。
先ずは、『ネイチャーアクアリウムテキスト〈入門編〉』 です。

ネイチャーアクアリウムテキスト〈入門編〉

全15ページの小冊子です。
100円です。

100円!

上記のお手本写真の作り方が書いてあります。
ADAの歴史の中でも、初期に発行されたもので、底床はまだ砂利です。
グラスカウンターのADAのロゴが、まだ赤い頃です。


ええと……まだ紹介したい100円の小冊子が3冊ありますねぇ……。
都合により、ちょっとここでお休みを頂きます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
この記事のURL | アクアリウム | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。